法要の流れ

仏式

亡くなった日から数えて、七日目毎に法要が営まれます。ご逝去されてから七日毎を忌日とし、四十九日が忌明けとなります。忌明けはご親族を招いてご供養をしご会食をいたします。

神式

亡くなった日から数えて、五十日目に忌明けとなります。忌明けはご親族を招いてご供養をしご会食を致します。

ご法要は命日よりも早めに行うことは構いませんが、遅れてはいけないとされています。四十九日のあとは、百ケ日(一周忌(満一年目))三回忌(満二年目)、七回忌(満六年目)、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌の年忌順に年忌法要を行います。

法事(霊祭)の準備と当日

日時を決める

お寺様又は神官様等と連絡をとり都合を伺います。また、多くの人を招く関係からその方々の都合も考えて日時を決定します。そこで最近では、忌み日や命日の前の土曜日や、日曜日やに日を繰りあげて行うことが多くなってきました。

会場を決める

会場は、自宅かお寺あるいは虹のホールで執り行うのが一般的です、会食のために別の会場を用意するケースもあります。

案内状の送付

およそ1ヶ月前までに案内状の作成ならに発送をします、希望によりご案内状の作成も受け付けておりますのでお申込み下さい。

会食・引出物の手配

招く人の人数・会食内容・引出物の手配など、当日の段取りをJAサービス担当者と相談のうえ決定します。

ご案内状見本

当日持ち物

お花、お供物、お布施、(四十九日法要には葬儀の際に使用した白木の位牌、本位牌など、お寺によってもご用意すべきものが違うので、来ていただく僧侶に事前に確認するのが良いでしょう。)
持ち物等の手配もJAサービス担当者がお手伝いをします。

施主の心得

  • 持ち物を確認するなど早めに準備し、心に余裕を持つ。
  • お墓の掃除は前日迄にすませておくこと。
  • お寺さまやお客様をお迎えし、ご挨拶を忘れずに。

施主の挨拶例

「本日は大変お忙しい中を、故○○の○回忌法要(○霊祭)にお越しくださいまして、ありがとうございます。その節は皆様方からひとかたならぬご厚情をいただきまして、厚くお礼を申し上げます。本日はわざわざお越しいただきましたが見ての通りのささやかな席ではございますが、故人の思い出話を語りながら、時間の許す限りごゆっくりお過ごし下さい。本日はありがとうございました。」

御布施・御礼について

仏式

御布施をいくら位包むかというのは一概には言えません。ざっくばらんにお寺さまにお尋ねになるのも一つの方法です。年忌法要の最初の御布施の額がその後の基準になることが多いので、その辺りも考慮に入れて額を決めることが大切です。

神式

御礼の額はJAサービスの担当者がご案内するか、神官様にお聞きします

御布施・御礼の包み方

熨斗袋には、仏式「お布施」 神式「御礼」と書き、下に施主の名前、裏には金額を書いておきます。水引きについては、これといったきまりはないようですが、JAサービスの担当者がご用意させて頂くか黄白か赤白の結び切を使用しております。

御布施・御礼の渡し方

施主自らがお礼と共に法要(霊祭)の終了時(会食の前)に直接渡すのが礼儀にかなったやり方です。持参する時は、切手盆か地味な色合の袱紗の上に乗せ提出します。

服装について

施主並びに参列者は黒の礼服が一般的です。

法事専用会場のご案内

下記の法事専用会場を設けております。また、下記以外の斎場でも日時により法事の受け付けが可能です。

料理

法事には欠かせない松花堂膳、新鮮な山海の幸を心を込めて調理しております。しめやかなひと時を食で彩ります。(写真は商品の一例です)

  • 法要会席

    法要会席

    ※季節によりお料理の内容が変わります。

  • 出張用膳

    出張用膳

    ※季節によりお料理の内容が変わります。

引出物

法要時には、食品や消耗品等、比較的後に長く残らないものを引出物として贈ることが多いようです。ただし、形見分け等される場合にはこの限りではありません。(写真は商品の一例)

  • 旭松オリジナルギフト

    旭松オリジナルギフト
  • 特選椎茸

    特選椎茸
  • 焼・味海苔詰め合わせ

    焼・味海苔詰め合わせ
受付時間
まずは昼夜問わずご連絡下さい。
お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。
24時間365日 受付時間
電話番号
0265-26-6969
FAX
0265-26-6622